当院には日ごろランニングをされていて駅伝マラソン大会などに出ている患者様が多いです。

そこで、ランナーの方に多い

ランナーズニーという症状をご紹介します。当てはまっている方も多くいらっしゃると思います。

ランナーズニーとは、本当に簡単に言うと、膝の外側が痛くなる症状です。

{8A3F5F49-B405-44FA-9580-C2810C419E43}

 

太ももの外側にある靭帯が、太ももの骨の外側に擦れることによって炎症を起こします。

原因としては

①走り過ぎ

これはみなさん「わかっとるわ!」と思われるかもしれませんが、まあ基本なので一応()やはり、走り過ぎると当たり前に痛みが出てきます。

②柔軟性不足

これはいわゆるウォーミングアップ不足・そしてクールダウン不足です。

硬い物質柔らかい物質では、衝撃が強いのは硬い方ですよね。なので、身体もまさに柔らかいということが衝撃を防ぎ、痛みを発生させないためには大切なことです。

③足の歪み

前の記事でも書きましたが、膝の下の歪みが原因で痛みがでることもあります。フォームが悪いことでねじれたりもしますので、普段の姿勢と同じで走る姿勢も身体の健康には重要なことなんですね。

 

そこで改善法です。

もちろん人によって違ってきますが、基本的なことを紹介して行きますね。

①休養

まずは休むことです。当然ですね。もちろんこれが1番基本的なことですし、病院等に行っても言われることだと思います。使いすぎなんですから休ませる、それは当たり前ですね。

②丁寧にケアをする

ウォーミングアップやクールダウンを丁寧に行います。ストレッチも加えると尚良いです。当院では、患者さまに合ったストレッチホームケアのやり方をお教えします!

③歪みを改善

ランナーズニーに関しては、休養が1番の治療になります。しかし、休める場面ばかりではないし、休んでも走り出したらまた痛くなったというのでは意味がありません。そこで、やはり根本的な改善策として、足の歪みを改善することが大切です。

筋膜リリース

レッグプレス

リアラインインソール

などで歪みを根本から改善していきます。

(■をクリックすると詳しい記事にジャンプします)

ランナーの方が多くなるにつれ、この症状でお困りの患者さまも増えてきました。

趣味としてマラソンを楽しんだり、アスリートとして練習に取り組んでいらっしゃると思います。

走る楽しみを守るためにも、身体のケアは大切です。

当院はマンツーマン治療です。患者さま1人1人のご事情や身体の特徴・症状に合わせ、寄り添いながら改善のお手伝いをさせていただきます。

病院に行っても治らない、自分でケアしても限界がある、とお困りの方、当院がサポートさせていただきますので是非ご相談ください。