コルセットのつけ方を書いていこうと思います。

腰痛の方はコルセットをつけていらっしゃる方も

多いと思いますが、コルセットもつけ方や利用時間で、効果が違ってきます。

まずつけ方ですが、腹巻のような巻き方ではあまり効果が期待できません。

つける位置は、前から見たとき、骨盤の1番上の骨がコルセットの上幅の真ん中にくるように

つけるのが良いでしょう。腹巻のように巻くよりも、下の位置ですね。

骨盤を締めるように巻くイメージです。

そして、つける時間ですが、「必要な時だけ」これが鉄則です。

ずっとつけていらっしゃる方は、筋肉が弱くなってしまうので、要注意です。

必要な時というのは、運動する時や、重いものを持つ時など、腰痛が顕著に現れる時ということです。

痛くない動作をするときは、もちろん必要ありません。通常時はつけないで、負担がかかる時だけにしましょう。

最後にもう1つ。コルセット腰にかかる負担を減らすものであって、腰痛を治すものではありません。

コルセットさえやっておけば治るということはないのです。

コルセットを使うときの解釈としては、「治療中の補助」です。

安静にすることが1番ですが、治るまでずっと負担のかかる動作をしないで過ごすなんてことは無理に近いでしょう。

そこで、コルセットを使い、負担を減らして生活の補助をしてもらうという感じです。