ジャンパーズニーについてです。これは、バレー選手やバスケット選手に多い症状です。

名前の通り「ジャンプ」する方がよくなるんですね。

ジャンパーズニーとは、

ものすごく簡単にいうと、着地するときなど、屈伸する動作が多すぎて膝の炎症が起こるということです。ひどくなると手術が必要になる方もいますガーン

原因としては

①練習のしすぎ

ジャンプの動作が多いので、必然的に身体が酷使され、痛みも出やすくなります。ランナーズニーもそうですが、努力家な方が発症する場合が多いんですね… ショボーン

②柔軟性不足

日頃のケアがとても大事です。ウォーミングアップ不足やクールダウン不足で柔軟性が失われると、やはり炎症は起こりやすくなります。ランナーズニージャンパーズニーは急になるわけではなく、蓄積されて起こる症状なんですね。

③重心の偏り

ジャンプして着地する時、両足でしっかり着地していると思っていても、重心が偏っていると、右足か左足どちらかに強い衝撃を毎回与えている状態になっています。そうなればもちろん身体には負担になり、痛みが出てくるというわけです。

④足の歪み

ランナーズニーと同じで、ジャンパーズニーでも足の歪みは大きく関係してきます。当たり前ですが、身体の歪みはいろいろな不具合を誘引していくのです。

足の歪みがジャンパーズニーにどう繋がっていくか、ですが、足の歪みによって衝撃吸収がうまくできなくなっていき、どこか1点に負荷が集中してしまいます雷

ここからは改善策をご紹介します。

①休ませる

②柔軟性をあげる

この2つはランナーズニーの記事でもご紹介した通り、基本的なホームケアです。ウォーミングアップやクールダウンをしっかりと行い、ストレッチをして柔軟性をあげる。

これは言われなくてもわかっている!という感じでしょうか。当院では、患者さまの症状に合ったストレッチをお教えしています。

③足の歪みを改善

まずは足の歪み改善です。重心の偏りを改善することも重要になってくるのですが、足が歪んだままでは、重心の偏りを改善するということはなかなかできません。

以前の記事にも書いた通り、

筋膜リリース

レッグプレス

リアラインインソール

(■をクリックすると詳しい記事にジャンプします)

これらの運動器具を使って歪みを根本から改善していきます。

④重心の偏りを改善

足の歪みを改善しながら、重心の偏りも改善していきます。重心の偏りというのはご自身で改善することはなかなか難しいです。無意識なことが多いですからねアセアセ

まずはどういう風に偏っているのかを知り、意識を変えることから始めます。

自分の重心が偏っている、ということを知るだけで脳がまっすぐ立とうと意識するので、そこがスタートラインです。

そこから本格的に重心の偏り改善を始めます。患者さまによりますが、リアラインコアを使用することもあります。

スポーツをする方に多い病状について、続けて記事にしてきました。足の歪みは、普段の生活にも困りごとを生みますし、スポーツを楽しむ方にも深く関わります。

自分の身体を大切にしてあげるということは、日常生活でもスポーツを楽しむ中でも大変重要なことです。

歪みを改善し、身体の力を100%発揮できるようにしてみませんか?