モートン病について書いていきます。

モートン病というのは、足の人差し指と中指の間や中指と薬指の間などが痛くなる

症状のことを言います。

他の場所が痛くなる場合もありますが、足の間が痛くなる

場合は、モートン病を疑ってみた方がいいかもしれません。

実は、うちの妻も以前モートン病になったことがあるそうで、その時は

歩けなくなるぐらい悪化したそうで、それは辛かったと言っていましたえーん

モートン病は、まだ原因がハッキリとわかっていません。

ただ、モートン病になる傾向はいくつかありますので、ご紹介します。

まず、1つ目は

履いている靴が合っていないことです。

ハイヒールやサイズが合っていない靴などを履いている方はモートン病になる方が多いです。

{BE55CED9-1E18-48A0-AA93-47163445D259}

次に、外反母趾や扁平足の方。

このような方も、モートン病になる可能性が高いです。大切なのはアーチ構造です。

足のアーチがしっかりとある方は足のトラブルとあまり縁がありません。

そこで、治療としては「アーチ構造」をつくってあげる

ということが主になります。

手技による治療や、ホームケアでアーチ構造をつくりあげ、やはり

リアラインインソールをおすすめします。

立ち上がり、鏡で足首を見てみてください。足首が曲がり、扁平足になっていませんか?

足の裏、特定の場所ばかりにタコができませんか?

上記のような場合は、足のアーチが崩れています。

アーチが崩れていると、今現在特に支障がないにしても、

いずれモートン病をはじめとした様々な不調が出てくる場合があります。

生まれつきの扁平足などではない限り、足のアーチは復活します。

インソールなどは入れるだけですし、ホームケアも簡単なものです。

是非お試しくださいニコニコ音符