「接骨院」が何をするところなのか詳しく記事にしたいと思います。

整形外科と何が違うのか、

整体とは何が違うのか、

どんな症状があるときに行けばいいのか、色々とわからないことがあると思います。

簡単にはなりますが、わかりやすく違う部分を説明していきたいと思います。

まず、

■整形外科との違い

整形外科と違い、接骨院は

・レントゲンが撮れない

・手術ができない

・内服薬が処方できない

他にも細かく言えばありますが大きな違いといえばこれです。

続いて

■整体との違い

整体と違い、接骨院は

・国家資格(柔道整復師)を持っている

・保険診療もできる

接骨院は国家資格がないと開院できません。

※当院のブログで紹介している運動器具などは

自由診療になりますので、保険外治療です。主な違いは以上です。

では、どのようなときに接骨院を利用するのがいいのでしょうか。

簡単に症状のみで書くと

・打撲(皮膚表面の損傷)

・捻挫

・挫傷(皮下組織の損傷)

・肩こり、腰痛、ひざ痛など……

です。

骨折の応急処置をしたり、整形外科と連携して骨折の治療にあたることもあります。

そして、交通事故治療も接骨院でできます。

病院や接骨院、整体などそれぞれ特色はありますし、先生や施術者によって得意なことも

違ってくると思います。

ご自分に合った治療ができる病院や接骨院、整体を見つけることが、心身ともに回復を早める

コツといえるでしょう。