姿勢チェックをする方法をお教えします。

自分の姿勢を体感で「あ、今姿勢悪いなあ」と感じることはほとんどないと思います。

字を書いている時、スマホを見ている時、駅で電車を待っている時、歩き姿など

姿勢を意識せず、他のことに集中している時などは、1番楽な姿勢をとりますよね。

そのご自身にとっての1番楽な姿勢が動いていない筋肉、弱っている筋肉を

見つけるのに大変重要な姿なのです。

そこで、やはり1番客観的に見るには写真を撮ってもらうことです。

携帯で簡単に撮れると思いますので、まずは誰かに撮ってもらって下さい。

正面からと横から両方撮りましょう。

正面から撮った場合見ていただきたいのは「肩の左右差」です。

どちらの肩が上がっているか、どちらの肩幅が広いか、などです。

使い方によって、肩幅も肩の高さも違っていきますので、そこを中心に見てください。

続いては横からの写真。

横からは少し見る場所が多いです。

・頭が前に出ているか

・背中が丸まっていないか

・膝が伸びているか

・腰が反っていないか

以上の点を見てみてください。

もちろん、以前の記事で姿勢の写真をのせていますので、その写真と見比べてみるのも

わかりやすいと思いますニコニコ音符

写真じゃなくても鏡でもいいですが、写真の方がわかりやすいです。

顔だけの写真や、極端にポーズを撮った写真ではわかりづらいので、真っ直ぐ立っている写真を撮ってみると

「こんなに肩の高さが違う!」と

驚くこともありますよ!びっくり

是非試してみてくださいね!グー炎