こんなトラブルありませんか?

・歩行時に足の裏に痛みがある・走ったり跳ねたりすると痛みが増す

足の裏の痛みは、モートン病の他に足底筋膜炎の疑いがあります。

痛みが起こる部位としては、かかとの前方部分、土踏まずなどです。

足底筋膜炎とは、

足裏の筋膜に起こる炎症のことで、正しい対処と治療を行わないと悪化し、

治りが遅くなり、痛みが慢性的になってしまいますガーン

 

簡単に説明すると、足は、いくつかの骨が前後方向のアーチと、横方向のアーチで構造されており、

そのアーチを下から支えるのが、足底筋膜という膜状の腱組織(けんそしき)です。

この腱組織はかかとから足の付け根まで広がっています。

足底筋膜炎とは、この組織に細かい断裂が生じてしまい、炎症が起こっている状態です。

人間は、直立二足歩行をするようになり、常に足に体重の負荷がかかる生活を余儀なくされました。

それに伴い、クッションの役割をするアーチが作られたと考えられています。

アーチのクッションは、立っている間、常に弓に張られた弦のように緊張し続けているため、

足にかかる過剰な負荷が原因で足にダメージを負い、

足底筋膜炎のような病気が生じてしまうと考えられています。

足底筋膜炎の原因は「過剰な負荷がかかる」ことですので、

・スポーツなどにより頻繁に足に負荷がかかる方

・肥満などにより歩行時や起立時に、常に足に負荷がかかる方

以上の方々は、特に注意が必要です。

足底筋膜炎の治療の基本は、休息と安静です。

無理をして歩行や運動を重ねてしまうと、症状が悪化する上、

足底筋膜に起きているダメージが回復する力を奪うと考えられています。

足底筋膜炎に限らずですが、身体に痛みがある場合は、無理に運動を継続するのではなく、

一度しっかり身体を休ませる必要があります。そこから、痛みが復活するなどがあれば、

休息と安静以外の治療が必要ですので、接骨院など治療院へ行きましょうニコニコ音符

{3DE98AD4-15F0-45F9-819B-57E22F3CEE96}