冬用タイヤに変えるときに、少しでも楽にタイヤを持ち上げて、腰痛を防ぐ方法をお教えします。

タイヤだけではなく、重たいものを持ち上げるときにも役立ちますニコニコ音符

重たいものを持ちますので、背筋に力が入り、身体を反らしがちです。

そのようなタイヤの持ち方では、腰痛が引き起こされることがあります。

そこで、タイヤを持つときに腹筋に力を入れて持つようにします。

それだけで腰の痛みがかなり軽減されます。タイヤだけではありません。

重たいものを持つときに、腰が痛くなったり、中には背中が痛くなったりする場合もありますが、

そういう場合は基本的に腹筋ではなく背筋に力が入っています。

なので、どんな場合でも腹筋に力を入れて、腹筋に意識を持って行って

みてください。その意識1つで、腰痛は防げます。

冬ですので、身体も硬くなりがちです。

ストレッチや軽い運動など、出不精になりがちな今こそ、重い腰を

上げてチャレンジしてみてくださいね!