山口県岩国駅から徒歩1分!筋膜治療で、あなたが抱えている長年の身体の痛みを根本から治療します!

股関節痛

膝痛や、腰痛に並び、近年増えているのが股関節痛です。やはり膝痛や腰痛と同じく、加齢と共に痛みが出てくるパターンが多く見られます。股関節痛にも、原因はたくさんあります。股関節に直接関係のあるものから、股関節には一見関係がないと思われそうなものまで、様々です。簡単にですが、紹介していきます。

変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節痛の原因で最も多いと言われている病気です。簡単に説明すると、股関節の軟骨が磨り減り、炎症が起こって痛みを引き起こす病気です。変形性股関節症は、4つの段階に分けられます。

①前股関節痛
この段階では、骨の異常は見られるものの、まだ軟骨はすり減っていません。しかし、骨の異常によって負担がかかる部分が集中しているため、バランスが悪くなっています。この段階で気づける人は少数と言えるでしょう。

②初期股関節症
軟骨が少しすり減ってきている状態です。負荷が集中している部分がすり減り、多少痛みを感じる方がいます。しかし、動き出しやたくさん歩いた時などにしか痛みを感じないため、この段階でもまだ気づかない方が多いです。

③進行期股関節症
この段階では、軟骨がかなりすり減っているため、痛みも強く出ます。骨の一部が直接ぶつかってしまっている方もいらっしゃいます。関節の異常を修復しようとして、骨棘と呼ばれるトゲ状の骨ができることもあります。この段階で受診される方が多いです。

④末期股関節症
軟骨がほとんど消滅して骨同士がぶつかり合い、激しい痛みを感じます。ここまでくると、骨同士で支えあい、逆に痛みを感じない段階までくる方もいらっしゃいます。手術に踏み切る方も多いです。

変形性股関節症には、加齢や普段の生活の癖が原因になっている場合や、遺伝で骨の異常がある場合など様々な原因があります。

関節唇損傷

骨に異常がある場合や、激しいスポーツなどで股関節を大きく動かしたり、深く曲げたりすることがあると、軟骨組織である関節唇が傷つくことがあり、関節唇を損傷することによって、股関節痛が発症することがあります。損傷がひどいと、手術に踏み切ることもあります。

FAI

股関節の形状に異常があり、骨同士がぶつかることによって股関節痛が起きる病気です。幼少期に「大腿骨頭すべり症」を患った方も、この病気を発症しやすいです。変形性股関節症を発症させやすくなるとも言われています。

大腿骨頭壊死症

大腿骨頭は軟骨で覆われているのですが、その下にある骨の組織が壊死してしまう病気です。この病気の原因はわかっていません。壊死し始めた頃には痛みがありませんが、骨の組織が壊死したことにより、バランスを崩し負荷がかかることによって股関節痛が出ます。場合によっては手術も検討します。

急性破壊型股関節症

骨粗鬆症との関係が深いと言われている病気です。股関節の変形が起こり、急激な痛みが出ます。

一過性大腿骨頭萎縮症

大腿骨頭の内部がむくんでしまい、液体がたまる病気です。原因は不明ですが、自然治癒することがほとんどです。

他の部位に原因がある場合

股関節は、腰と近いので原因が腰にあることも多いです。逆に股関節に問題があるにも関わらず、腰が痛くなる場合もあります。この場合、腰に原因があると思って腰ばかり治療しても意味がなく、股関節の病気が進行し、痛みがひどくなったということもあります。

また、原因が膝にあることもあります。特にO脚の方は膝に負担がかかりやすく、その負担を軽減するために股関節にも負担がかかってしまい、股関節痛や膝痛を発症することがあります。このような場合は、レントゲンやCTなどを撮ってハッキリと原因を見つけ出すか、原因がレントゲンやCTなどに映らない場合は1つ1つ治療をしていきながら、本当の原因を探り出すしかありません。

たくさんの原因がありますが、治療法は単純明快です。保存療法でも、手術による治療でも、基本は同じです。手術を受けてもリハビリをしっかり行い、股関節に無駄な負荷がかからないような生活に変えない限り、痛みは再発します。

すり減った軟骨は元に戻りませんが、硬くなった筋肉を柔らかくし、股関節周りの筋肉をつけ、生活の中にある様々な動作を、股関節に負荷のかからないように変えるだけで全く違います。

腰痛・膝痛などに共通して、股関節痛の治療にも重要なことは

・柔軟性を高める
・筋肉を動かす
・負荷がかからない動きを心がける
・毎日身体をケアする

ということです。難しくはありません。ただし、自分に合った方法で正しく行わなければいけません。

当院では、上記の治療を効率よく進めるため、以下のような方法をとっています。

・柔軟性を高める
筋膜リリースにより、身体の奥から硬くなった筋肉へアプローチし、動かなくなった筋肉をゆるめていきます。ストレッチの何倍も効率よく筋肉をゆるめることができます。

・筋肉を動かす
簡単な方法で良いです。苦手であれば筋肉トレーニングを無理にすることはありません。動かせばいいですから、簡単な体操でOKです。当院が患者様に合った体操を、注意点や日々の困りごとを考慮しながらお教えします。

・負荷がかからない動きを心がける
丁寧な問診により、「この部分は変えた方が良いな」と判断した部分や「この動きが負荷になっているな」と判断した部分をお伝えし、1人1人の生活に合わせた正しい動きや負荷のかからない動きをお教えします。

・毎日身体をケアする
簡単なことですが、1番重要な点です。その時の痛みが引いた時点で終わりという治療ではなく、今後患者さまだけで身体のケアを続けていけるように、患者さまの症状に合わせた自宅ケアをお教えします。簡単な痛みなら、自分で治せてしまうことが1番良いので、自分でケアできるように簡単なストレッチ等をお教えします。

保存療法だろうが、手術後だろうが、やることは同じです。基本に忠実に、真摯に向き合うしかありません。当院では、患者さまと一緒に、諦めずに治療に向き合っています。高齢だろうが長く患っていようが、諦めなければ身体は回復に向かいます。一緒に頑張りましょう。

PAGETOP