山口県岩国駅から徒歩1分!筋膜治療で、あなたが抱えている長年の身体の痛みを根本から治療します!

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正は、いまや常識として広まっています。当院でも、多くの方が産後の骨盤矯正・身体のケアに通われています。

産後は、お腹に赤ちゃんがいたことにより

・胸郭があがる
・胸郭が動きづらくなる
・骨盤が広がる
・内臓が下がる

などの影響があります。

上記のような状態は、出産を経験した以上避けられません。1つの生命を生み出す奇跡を経験するのですから、仕方がないことです。ですが、それをそのままにしていても、身体は産前のように健康な状態には戻りません

上記のような状態を元に戻さないままいると、

①広がったままの状態で身体が固まる
②内臓も下がったまま固まる
③胸郭の動きが鈍くなったまま固まる
④身体のバランスが崩れ、腰痛や尿もれなどの不快症状が出る可能性がある
⑤身体の動きが悪いことにより、下半身太りの原因になる
⑥腰痛や肩こりなどの症状が出た場合、治りにくい

このような悪循環ができあがりやすいです。

産後、プロポーションが崩れたり、腰痛や肩こりが出やすくなってしまうのはこのためです。

出産前後は「リラキシン」という骨盤を広げるホルモンが出ています。もちろん、骨盤を広げるのは赤ちゃんを生むためですが、産後も6ヶ月くらいまではこのホルモンが分泌されています。つまり、出産前後は骨盤が動きやすい状態になっているということです。

ということは、身体を元に戻すのに効率的な期間は、産後6ヶ月以内ということになります。骨盤が動きやすいホルモンが出ているうちに矯正するメリットとしては、

■骨盤が動きやすいので矯正しやすい

動きやすい時期に矯正することで、身体が間違った位置で固まってしまう前に正しい位置へもっていくことができます。

■筋肉の動きを忘れないうちにトレーニングできる

以前の記事でも書きましたが、産後はお腹の筋肉の働きを、ほぼ忘れているような状態になりやすいです。腰痛が発症しやすいのはこのためで、産後は起き上がる、前かがみになるなどの動作を、お腹ではなく背中や腰の筋肉を使ってしまいがちです。その間違った動きが完全に癖になってしまう前に、筋肉の動きも同時に矯正していくことが重要です。

■お尻やウエスト周りにお肉がつく前に矯正できる

産後にプロポーションが崩れる主な原因は、

・骨盤や胸郭などのずれにより、身体のバランスが崩れる
・筋肉が正しい動きをしていない
・筋肉が正しく動かないので老廃物などがたまる

などが考えられます。
そのような状態が「当たり前」となる前に、矯正しておくことにより、特別なダイエットをしなくても、身体本来の動きを取り戻すだけでプロポーションの崩れを防止できます。

矯正の仕方は人それぞれ違います。有名なところでは、骨盤矯正ベルトですが、本気で矯正したいのであれば、骨盤矯正ベルトのみでは個人的には不十分と考えています

なぜなら、骨盤矯正ベルトは、どうしても日常の動きの中でズレてきてしまい、完璧な矯正とは言えないからです。更に、産後ずれているのは骨盤だけではなく、お腹に赤ちゃんがいたことで、胸郭も上にあがったり、動きが鈍くなったりしています。そのため、産後気にしなければいけないのは、骨盤のみではなく、身体全体のバランスということになります。

当院の骨盤矯正メニューは、骨盤矯正だけをメインで考えていません。骨盤矯正や、胸郭矯正をし、身体全体のバランスを整えます。

出産・子育ては重労働です。当然身体にも大きな負担がかかります。ケアをしないまま突っ走ると、どこかで必ず痛みが爆発してしまいます。痛みが出てから身体のケアに本気になっても、良いですが、痛みを治療してから、根本的な改善へとうつるので、もちろん効率は悪いです。

産後1ヶ月から6ヶ月あたりから治療をはじめ、身体が動きやすいうち、そして筋肉の機能が戻りやすいうちに身体を整えておきましょう。そうすれば、子どもたちが走り回ったり体重が増えて身体に更に負担がかかるようになっても、元気に動き回れます。

大変な大仕事である出産を経験したご自分の身体を、しっかりと労わり、ケアしてあげてくださいね。

PAGETOP